皮膚科ではよくある湿疹の汗疱とは

皮膚科ではよくある湿疹の汗疱とは総じて手や足の裏、又は指の背面と腹面のつなぎ目等に小さめの水疱が現れる病気で、通常は汗疹(あせも)と早とちりされ、足の裏に表出すると水虫と混同されてしまうケースが多々あるそうです。

脚気(かっけ)の症状としては、大抵は手や脚が無感覚になったり、ふくらはぎのむくみなどが目立ち、放っておくと、場合によっては生活習慣病である心不全を引き起こすなんてこともあるのです。

明かりがない場所では光の量が不足するので見るのが難しくなりますが、そうなると瞳孔が開くので、眼球のレンズのピントを合わせることに多くのエネルギーが使われるので、当然日の差す所で目視するよりも疲労しやすくなるといえます。

ビタミンEの複合体であるトコトリエノールの効能では、酸化を妨げる働きが断然有名だと言えますが、あとキメ細やかな肌にする作用や、血清コレステロールの値を抑えることが認められています。

世界保健機関(World Health Organization)は、波長が長く皮膚の奥まで届くUV-A波の著しい浴び過ぎが、皮膚の病気を来すとして、18歳以下の若者が人工的に紫外線を出す日焼けサロンを使用することの禁止を強く世界中に求めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>